羅沙の旅立ち

  • 2011.12.11 Sunday
  • 00:37
 突然のお知らせですが、12月8日、羅沙が10歳と7ヶ月(推定年齢)でこの世を去りました。


 亡くなる2〜3日前から、いつもより少し歩くのを辛そうにしていましたが、散歩にも出たがり、食欲もありで普通に生活をしていました。骨盤骨折をした頃から足腰がかなり弱っていましたが、先生の指示で筋力をつける為に最近は少しずつ歩く距離を増やしていたので、ちょっと無理をさせたかな?と思い散歩時間を短縮することに。
 
 6日の夕刻から、時々吐きそうな仕草をしていましたが、食べたものをもどすことはありませんでした。食欲がなく少し元気がないように思えましたが、かかりつけの病院が休診日だったこともあり、その日は様子を見ることに。
 一晩寝ると、楽になったのか、翌朝、外に出たがるので出してやると庭先で用を足し、元気を取り戻したように見えましたが、フードを全く食べなかったので病院へ。

 検査の結果、腰とは別に、首の近くの部位の椎間板ヘルニアが判明。と同時に心臓がかなり肥大している事。併せて肺に少しモヤモヤッとした影がある事が判明。肺の影は悪性腫瘍の初期である可能性もあるとの事で要経過観察。現時点の元気のなさは、ヘルニアによる痛みが原因であろうとの判断で痛みを抑える注射で対処。ステロイド系の痛み止めも使いたいが、アカラスが大爆発する恐れがあるので、今日一日これで様子をみてください。明日も注射に来てくださいとのことでした。
 家に戻った羅沙は、痛みが治まったようで、夕飯はいつもの8分目ほどでしたがガツガツと食べて元気になったと思えました。
 ところが夜の8時頃から、呼吸が少しずつ荒くなり、立っても寝ても苦しいようで落ち着きがなくなり始めました。そのうち疲れて横になりましたがどんどん呼吸が荒くなり時々辛そうに体をくねらせたりしていました。
 10時過ぎに家に帰ってきた娘を待っていたかのように、それから程なくして眠るように息を引き取りました。
 家族みんなで羅沙を見守っていましたが、逝った瞬間が誰もわからない程、穏やかな最期でした。

 何が呼吸困難を引き起こしたのか?
 心臓が弱っていた?肺の腫瘍が先生の見立て以上に進んでいた?ヘルニアで脊椎が圧迫された?
 先生にまだ直接お聞きしていないので原因がわかりませんが、原因を突き詰めたところで、どうなるものでもなく、これが羅沙の寿命だったのでしょう。
 
 我が家に来て5年と7ヶ月、いっぱい病気を抱えて辛かったことと思います。一番運動しなければならない大切な成長期に繋がれっぱなしだった為に骨は推定年齢以上にボロボロになっていました。
 でも持ち前の「やる気のなさ」が、病気と上手につき合う力になった気がしています。
 一昨日、近くの斎場で荼毘に付し、羅沙は私たちの元から旅立ちました。

 とにかく人間が大好きでした。
 小さなお子さんにも優しく接するので、羅沙はいつも人気者でした。


 今まで羅沙を愛し、可愛がり、病気の時には励ましてくださった皆さん、本当にありがとうございました。


 お骨を置いた棚の上にたまたま掛けてあった絵に書いてある言葉が今一番心に染みます。 

いのちよ わたしはあなたと共にいます。

いのちよ わたしはあなたの愛を感じます。
(画・文 さとうかつひこ)

 寂しがり屋で、一人で留守番ができず、いつも家族のそばを離れなかった羅沙ですが、今は羅沙の方が寂しがっている私たち家族のそばに寄り添ってくれてるような気がします。
 
 さよなら羅沙…そしてありがとう。

  

緑がいっぱい

  • 2011.05.19 Thursday
  • 23:56
 久しぶりに午後から時間が取れたので庄川へランチを兼ねてドライブ。

 新緑がまぶしい〜



 水記念公園のウッドプラザ前

b7.jpg

 ゆずソフトにつられて

b1.jpg

 庄川のゆずは香りも良く絶品です!

b3.jpg

5年目の春

  • 2011.04.17 Sunday
  • 13:34

 4月17日は羅沙が我が家に来た記念日。
 誕生日がわからないから、この日が誕生日です。
 最初に羅沙を保護してくださったのお話では5歳くらいだろうとの事だったので、
 今年で10歳になります。
 ある病院のHPに犬の年齢を人間の年齢に換算する計算式が出ていたのですが、
 小型・中型犬は、24+(犬の年齢−2年)×4
 大型犬は 12+(犬の年齢−1年)×7と考えるのだそうです。
 この計算式にあてはめると、
 羅沙は12+(10−1)×7=75歳となります。
 我が家の長老、14歳のゴン太は小型犬(パグ)なので24+(15−2)×4=72歳
 ありゃ、ゴン太を抜いて、長老になってしまった!?(笑)
 もっともゴン太は9月で15歳なので、そうなると人間年齢76歳だから
 長老の座はそう容易く譲ってもらえないですけどね。



 骨盤骨折して以来足腰がかなり弱って歩くのも辛そうですが、
 先代ゴルのらん丸の10歳頃と比べると、と〜っても元気だ!
 足腰以外にも持病がたくさんあるけど、何だか元気だ!
 相変わらず、一人で留守番できないけど、体は元気だ!
 元気なさそに見えるけど実は元気だ!
 パグと一緒に暮らしてるからパグみたいに「ご飯命」になってるけど、
 一応ゴールデンレトリバーだ! 
 今年の記念日はパグ友さんとお花見で御祝いです。

今日は五箇山へ

  • 2011.02.17 Thursday
  • 20:41
 ちょっとした用で、夫婦二人で県南部の方へ出かけることとなりました。
 当然お留守番苦手の羅沙も同伴です。
 お留守番上手なパグズは冬季はお留守番が多いです。
 羅沙はゴネドッグ(ゴネ得)じゃね(笑)
 
 県南部と言っても山間部の豪雪地帯で雪がたんまりと残っておりました。
 

 時間があったので、羅沙と一緒に相倉合掌集落をお散歩してきました。


 そう言えば先週末の「そば祭り」も雪の中だった。
 何で雪の多い所ばっかり行くのかねぇ…(笑)

 屋根の雪下ろしをされてる横を悠々と(?)歩く、羅沙&その父。


 やっぱり子供に大人気の羅沙。

 ん?
 父ちゃん何やら見つけたらしいです。


 五箇山産の「蔵出濁酒」を抱えて嬉しそうに戻ってまいりました。
 冬季限定販売らしい。。
 
 今日は3月中旬なみの気温とかで、羅沙は喉がかわいたようです。
 濁り酒飲むかい?
 と、まぁそれは無理なので、雪を食べて喉の渇きをうるおしておりましたとさ。

今年もそば祭りへ

  • 2011.02.11 Friday
  • 22:22
 去年も行った「そば祭り」に今年も行ってきました。

 まずは腹ごしらえ

 寒かったので暖かいお蕎麦がおいしかったぁ

 お蕎麦以外にも色々食べるものが!

 「いのししのステーキ」が気になる。
 この寒さの中ビール飲む人がいるのか?

 会場内にはいろんな雪像が

 これは布袋さんの雪像


 伝統の「丑曳き」も披露されます。

 「丑曳き」は、合掌造り家屋に用いる材木を山から切り出す際に雪に滑らせて運んだことが由来だそうな。
 長さ約10メートルのカラマツの丸太が会場内を回ります。

 今年も羅沙だけを連れて行きましたが、会場内はワンコがいっぱい。

 まだ7ヶ月というピンシャーは飼い主さんのバッグの中に。

 相変わらずモテモテの羅沙です。


 去年も自衛隊員さんの人形と撮ったけど、今年も

 そしてBIGニュース。
 羅沙、とうとう警察犬デビューです!

 なぁんてねわらう
 ↑会場内に設置されてる臨時交番で、人形じゃなく本物のおまわりさんたちですよ!!

今年もよろしくです

  • 2011.01.07 Friday
  • 09:54

 遅まきながら…
 こちらのブログ(羅沙のブログ)もやっと新年を迎えました。
 久々の更新です。

 羅沙が我が家に来て今年の春で丸5年目を迎えますが、このブログは殆どが闘病の記録のようになっております。
 という事は、
 しばらく更新がなかったという事は
 そう、羅沙は何事もなく過ごしておるということとご理解くださいませ。えへへえへへ

 しかし、新年早々、ありがたくないアカラスがまた発症しましたので、記録代わりに書いておきます。
 もう飼い主も慣れっこになっており、早期発見でしたので、今回も難なく乗り越えられそうな気配ですのでご安心ください。
 アカラスの発症がストレスからくることがほぼ確定的となって以来、羅沙はいつも人間と一緒もしくは車で待機です。車で待つことができるのに何故部屋では一人でいられないのか、全くの謎ですが、うまくお付き合いさせてもらってます。

 今年もどうぞよろしく。
 病気以外の楽しい話題もたくさんあるので、また少しずつ更新できるよう頑張りますがんばる。 

やっと秋が…

  • 2010.09.19 Sunday
  • 18:08

 本当に厳しい暑さの夏でしたが、ようやく涼しくなって秋らしい風も吹くようになりました。先週久しぶりに羅沙を伴って白川郷へ行ってきましたが、白川郷はすっかり秋の景色でした。



 さてさて、骨盤骨折というありえないケガをしてしまった羅沙ですが、何とか普通に歩いたり走ったりできるようになりました。
 車に乗る時はステップを利用していますが、降りるときは一人で上手に降りることができるようです。
 アカラスも完治し、延び延びになっていたワクチン接種も終わり、そして何よりあんなに嫌っていた娘の部屋でまた寝られるようになりました。

 羅沙、一応完全復活と言ってもいいのではないでしょうか!?


 相変わらずとぼけた顔してまんなぁ〜(笑)

 何で急に娘の部屋が嫌になったのか?
 理由は骨折の痛みというより暑さにあったようです。
 冷え性であまりエアコンを使いたがらない娘の部屋は、羅沙にはとてつもなく暑かったようです。

 我が家ではエアコンのスイッチを入れるかタイミングは、短吻種で暑さに特別弱いとされるパグさん達が基準でした。尤も今年の夏は暑すぎて殆ど24時間エアコンを利用していたので、よくわかりませんが、パグさん達よりも羅沙が暑そうにしている事が何度もありました。
 暑さで寝苦しく何度も寝返りを打つ、その度に骨折の痛みがひびく。
 そんな状態だったように思えます。
 羅沙の「軟弱度」、「わがまま度」が気温と共に上昇した2010年の夏でした。
 
 しかし、パグよりも暑さに弱いゴルって…がっくり

えらいこっちゃ〜 (> <)

  • 2010.07.08 Thursday
  • 14:38


 えらいこっちゃ〜
 アカラス、椎間板ヘルニア、右心肥大及びそれに伴う肺水腫、そして右骨盤骨折。
 病名を5つももらってしまったよ!!

 6月半ばから何となく不安定な日々が続いていた羅沙。
 夜中に突然起きて鳴いたり、息が荒くなったり。この時点では精神的な事が原因だろうと思われました。
 その後2週間あまり、私が付き添って寝たり、娘がリビングに来て寝たりと、心的なケアをしているうちに少しずつ元の状態に戻って来たようでした。
 しかし荒い呼吸だけはなかなか治まらず、体の不調かもしれないと思いいつもの病院で受診。

 レントゲン撮影と血液検査をした結果、「重症というわけではないですが『ヘルニア』と『心肥大』が気になりますね」との事。
 「呼吸が荒いのは痛みによるもの」との想定で、3日間だけステロイドを使うことに。
 ステロイドを使うことでアカラスが発症する可能性が高いので皮膚の状態に注意を払うこととの指示をいただきました。
 その後、お約束通りアカラスが!
 幸い目尻からアゴにかけてのごくわずかな範囲でしたので、いつもの治療方法で何とか凌げそうです。
 でも、呼吸だけはまだおかしい…
 
 アカラスが落ち着いてきたので、今度は腰痛を鎮めるために痛み止めの注射を打ってもらいましたが効き目がない。
 歩くと痛いらしく散歩も行けないほどに。
 寝ている時の呼吸まで早くて、大型犬の標準呼吸数は、1分間に約15回なのに羅沙はその倍以上。病院が休診日だったので家で様子を見ていたのですが、気が気ではありません。
 調べなきゃいいのに、ネットであれこれ調べてしまう……悪い癖です。

 「犬 呼吸 荒い ヘルニア」で検索すると「脊髄軟化症」などという病名がやたらとヒットしまして、羅沙の呼吸が今にも止まってしまいそうで、この日の夜はそばで添い寝したGHL母。
 「脊髄軟化症」になっていたら、もうそんなに長くないのかも…とまで考え込んでしまった一夜でした。ヘルニアから軟化症になる確率は3パーセントくらいだし、なりやすい犬種からは外れているのに。

 翌日朝一番で病院へ。
 前回のレントゲンは心蔵と肺を中心に撮った写真だったので、腰から後脚にかけての写真を重点的に撮ることに。
 その結果、何と右骨盤骨折が判明。
 骨盤骨折は普通交通事故などで強い衝撃を受けた時におこりやすい骨折らしいですが、羅沙には当てはまらない…。
 先生の説明では、
 「予想の範囲ですがと前置きされて、骨がかなりスカスカの状態で骨折しやすくなっていたと思われます。羅沙くんの場合元々足腰は丈夫でなかったですし、ちょっとどこかにぶつけたというだけで折れたとも考えられます。骨折部分は自然治癒すると思いますが、痛みはしばらく続くので注意していてください。」との事。
 気になる「脊髄軟化症」についてお聞きしたところ、「軟化症になるかならないかは全くわからない状態です。ヘルニアから軟化症になる子はいますが確率には低いし、羅沙くんは、ちゃんとご飯を食べられるということから判断して今のところは大丈夫としか…」

 そうなんです、どんなに腰が痛くとも、呼吸が荒くとも、アカラスで体中がむずがゆくとも、食べ物を前にすると元気が出て残さず平らげる羅沙。これってきっと「食べ物命」の『パグ魂』をいただいているように思えます。
 パグさん達ありがとう。

 という事で、腰痛は自然治癒を待つ。
 併せてこの際、心肥大並びにそれに伴う肺水腫の治療もしていくこととなりました。
 アカラスは現在落ち着いておりますが、こちらとは長〜いお付き合いになりそうです。
 骨折の完治まで時間はかかりそうですが、一応原因がはっきりしてくれてスッキリしました。
 一応です。
 動物は「ここが痛いねん!」とか教えてくれないので、症状から推察される病気をすべて疑ってそれを一つ一つ消去するしかないんですよね。

 今回の病名は加齢によるものが大きいわけですが、大事な成長期に繋がれたまま育ったという事も大きな要因になっているように思います。
 飼育放棄された2年の代償が大きすぎる気がする…
 
 でもどっこい『パグ魂』で乗り切ろう!!
 因みに先代ゴルのらん丸は食べ物よりボール命の子でした。
 病気で体が辛くてもボールを見ると元気が出た! 
 ゴルってそういうもんだと信じていたのに…食べ物で元気か…(笑)

 以下「続き」は飼い主の覚え書きみたいなもんですので、暇つぶしに読もうと思われるならどうぞです。
続きを読む >>

羅沙の反乱? (´∩`。)

  • 2010.06.15 Tuesday
  • 21:26


 いよいよ梅雨入りですねあめ
 ジメジメ気持ち悪いし、洗濯物も乾かなくて困りますが、

 それ以上に困ったことが…


 「羅沙の反乱」

 って、別に暴れたり、人を噛んだりとかではありませんが、
 夜、寝なくなりました。

 羅沙は、夜は一階のリビングのすぐ横にある娘の部屋で寝ております。
 私たちの寝室は2階にあり、階段が急で狭くて羅沙が上がれないので、娘の部屋で寝ることになりました。
 
 我が家に来た当初は、ちゃんとケージで寝ていた羅沙。
 やっと我が家に慣れた頃から分離不安の症状が出始め、一人では寝られなくなりました。
 わがままが出てきたんだろうと思い、色々と躾をしたり、時には厳しく接してみましたが、どうしても一人では寝られない。
 無理矢理一人にさせる事がベストではないと気づき、夜は娘が一緒に寝てくれることになりました。以来分離不安もほとんどなくなり平穏な日々が続いておりましたが

 何ゆえじゃ〜〜〜〜〜〜〜悲しい

 夜、娘がベッドに入るとすぐに寝ていた羅沙が、全く寝なくなり、ハァハァと荒い呼吸が続くようです。
 そしてパグたちが寝ているリビングへ行こうと誘い、仕方なく娘がリビングに布団を敷いて寝ると羅沙も寝る。
 こんな状態が3〜4日続いてます。

 
 厳しく接して放っておく方がいいのでしょうが、ストレスが続くとまたアカラスを発症しそうで強くなれない飼い主冷や汗
 
 ここ2年あまり、ずっと娘の部屋で寝ていたのに何故突然嫌になったのか!
 思い当たる理由は何もない…

 う〜ん、わからん…

 このでかいヤツ、今夜はどこでどうやって寝かせようか…




 

羅沙と桜ーまる4年の歴史ー

  • 2010.04.20 Tuesday
  • 21:24
羅沙が我が家に来て4年の歳月が流れました。
桜の季節にやってきたので、桜の花が咲く度に羅沙がやって来た日の事を思い出します。

我が家に来た年(2006年)の羅沙と桜

この年の桜(ソメイヨシノ)は、4月中旬にやっと咲き始め、早咲きの寒緋桜が満開でした。 

1年目(2007年)の羅沙と桜


2年目(2008年)の羅沙と桜

この年の桜は、ウソという鳥がつぼみを殆ど食い尽くしショボイ桜でした。

3年目(2009年)の羅沙と桜

そして4年目の羅沙と桜は
寒暖の差が激しすぎた今年は、早咲きの寒緋桜、ソメイヨシノ、遅咲きの八重桜が一斉に満開となりました。

一度に春が来たみたい!


4年目の記念日、父ちゃん母ちゃんは大きなイベントを二つも抱えていたのでゆっくりとお相手できなかったね。
ごめんしてよ。

足腰がちょっと弱って車の乗り降りが大変そうだけど、今年も元気でいてくれてありがとう。
もうすぐビッグなプレゼント車が届くと思うよ!にかっ

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM