2014年GW

  • 2014.05.08 Thursday
  • 23:01
 盆も正月もGWもふつーに仕事なわが稼業(笑)
 それでも、GW後半は、午前中に仕事を終えて午後からの空き時間にお出かけをしてきました。

 5月4日。
 朝、テレビを見ていたら、「荘川桜」が満開とのニュースが流れてきました。
 午後からの仕事がキャンセルとなった為、この桜を見に行こうという事に。
 予定では、高速で荘川ICまで行き、蕎麦街道と呼ばれるルートを経て、荘川桜を見物する予定。当然、昼ご飯は「お蕎麦」のはずが、高速道路は未だかつてない大渋滞かたつむりプシュー

 荘川の蕎麦街道についた頃は、3時半頃。4,5件あるお蕎麦屋さんは、すべて売り切れて店じまい、OH!NO!あちゃ
 悲しい気持ちで(笑)、たどりついた「荘川桜」でしたが、樹齢450年の桜はとても見事で、出かけてきた甲斐がありました。


 その後、帰り道でやっとお蕎麦にありつくことができました。
 地元産のなめこ入り蕎麦が、とてもおいしかったです。

 普段は、平日に出かけることが多いので、GWのお出かけってこんなに大変なんだということを久々に体験した一日でありました。


 翌5日は、ベン家さんすみれハウスの皆さんとのBBQ。
 このメンバーで、毎年恒例のBBQ。
 ゴン太がお出かけできなくなってからは、しばらくお休みしてくださっていたので、久しぶりのBBQでした。
 今までずっとお天気に恵まれていたのに、今回は初めての雨。
 ゴン太が、晴れ男だったのかもしれません。
 それでも、雨にもめげず、元気に肉を焼き、ビールを飲む(運転手係はノンアル)一同。

 もちろん、パグさん達も同伴です。
 BBQタイムはパグさん達はサークルへ、若い頃のひなは、こんなサークルひとっ飛びで越えてきたので、いつ飛び出すかと心配でしたが、すみれちゃんの弟A君が、見張り番をしてくれました。

 でもね、オヤツを見るとやっぱりこうなってしまうのよね。

 もう少しで飛び越えられたのに・・・(byひな)

 昨日の人混みとは打って変わって、誰もいない湖畔のほとり。
 雨で残念でしたが、満開の八重桜が散る光景はとても素敵でした。

 車も花びらで飾られたよう。

 BBQ棟をまるまる貸切で、誰に気兼ねもなく、のんびりと過ごせた一日でした。

 ↑右の写真は、ベンちゃんとあんちゃんのご飯タイム。見守るベン母さんが何となくいい雰囲気だったので、こっそり撮らせていただきました。(ゴン父談)

と、本来はここで終わるはずが、何と!ベン家さんで二次会をすることに。
 この二次会がまた楽しくて夜遅くまで宴会が続いたのでした。

 ベンちゃんは、疲れてぐっすりオヤスミです。
 久しぶりにお邪魔した、ベン家でちょっと神妙な顔つき?だったひな。
 でも、このあと、ベンちゃんが寝ている椅子に飛び乗って、ベンちゃんを椅子から落としてしまったひなでした汗汗
 ベンちゃん、大丈夫でしたか?ごめんなさい

思い出話

  • 2014.04.16 Wednesday
  • 22:14
 昨日は、ひなを動物病院へ。
 と言っても、狂犬病の予防接種のため。
 ひなは体調も良く、すこぶる元気ですが、何かさえない顔に見えるのは病院のせい?(笑)

 ゴン太がいた頃は、月に2度3度と通った病院も、しばらくご無沙汰。
 担当の先生も「ゴン太さんがいなくなってから、随分久しぶりだよね」と。
 「2月にこの子のワクチン接種で来院して以来です」と答えると、先生が何故かゴン太の思い出話をポツリ。
 「よく面倒見てこられたよね。最後まですごくきれいな体をしていたから感心だなぁって思ってました」
 「いえいえ、そんな特別なことは何も・・・・」

 体がきれいだったという事を褒められて意外でした。
 確かに、ゴン太の皮膚や毛は最後までとてもきれいでした。
 でも、それは私の努力とかではなく、ゴン太自身の生命力というか、持って生まれた体質のお陰だと自信をもって言える。だって、晩年はシャンプーもできなかったし、排泄物で体を汚すことも多くて、蒸しタオルで体を拭くことしかできなかったので、清潔を保つ事はとても難しかったから・・・

 「でも、先生にそう言っていただけると嬉しいです」と、涙が出そうになるのを診察台のひなが止めた。
 早くしろと暴れておる汗
 「アンタはまだまだ頑張らんとね。ハイ注射!」と、あっけなく、ひなの注射が終わりました。
 ついでに、今までゴン太の薬と一緒に月一でもらっていたフィラリアの予防薬も半年分をまとめていただく事に。
 「当分来ないので半年分いただきます」って言ったら、「あ、そうか・・・」って、先生が心なしか寂しそうに見えました(笑)
 先生がひなを忘れるくらい、病院へ行かない日が長く続きますように。
 ゴン太の年を目標にするとあと8年、ひなしゃん先は長いぞ〜


 思い出話ついでに、先日古い写真を整理していたら懐かしい写真が出てきました。
 6年前のゴン太とひなと桜。
 年に1枚あるかなしかの傑作だわ〜。早速、私のパソコンのデスクトップに。
 毎日パソコンを開くたびにニヤニヤしとります。

郷愁

  • 2014.04.11 Friday
  • 22:32
 桜の花盛り〜〜〜

 朝夕、桜を愛でながらの「ひぃ散歩」は、とても贅沢な時間に思えます。
 今日は古巣のお山へ。

 公園よりずっと自然に近い景色が楽しめるお山の桜は大好き。
 でも、ゴン父がひどい花粉症なのでなるべく花粉を持ち帰りたくないし、人間にも危険なダニも多いし・・・・・
 って事で最近は足が遠のいていました。

 それと足が遠のいているもう一つの理由は、 
 ここへ来るとゴン太や羅沙の事思い出してせつなくなっちゃうのでありますよ。
 
 羅沙は、桜の咲く頃にウチへ来たんだよね。
 
 ゴン太も元気に遊んでいたよね。
 1ワンが2ワンになり、

 やがて3ワンに


 そして今はまた1ワン。


 いっしょに遊んだお友達ワンコ なっちゃん、Bigゴンちゃん、シルちゃん・・・・、ほとんどがお空の☆になりました。
 芝生広場で遊んでいるワンコも少なくなりました。
 
 満開の桜を見ると心が躍ってウキウキするものですが、お山の桜は何かせつないなぁ。

 でも、新しいお友達との出会いもありました。

 フレブルのうめちゃん、まだ6ヶ月だそうですが、ひなより貫禄ありました(笑)

桜が咲いたよ!

  • 2014.04.08 Tuesday
  • 15:50
 やっと北陸にも春が来て、桜が咲きました。

 家にいるとずっと寝てばかりなひな。
 何の話題も提供してくれないので(笑)、今日もお散歩ネタ。

 市内にあるいくつかの桜の名所。
 今年はたくさん回りたいなぁ・・・
 朝の散歩は、町中を流れる川沿いの桜。

 週末には伝馬船に乗ってのお花見も楽しめるそうです。

 夕方は漁港への「ひぃ散歩」。


 漁港の風景と屋根の上のカモメ。


 シシ丸くんと・・・・


 帰り道で、とても気になる看板ふたつ。

 お腹すいたぁ〜(笑)

 朝堀のタケノコもらったから、今夜はタケノコご飯です!

 山菜も出始めて本格的な春ですね。
 「ああ、春や春」と、何故か浮かれておりますです。

桜はまだかいな?

  • 2014.04.03 Thursday
  • 22:13

「梅は咲いたか、桜はまだかいな」っと酒


 アルコールは入っておりませんが


 県東部では、開花宣言が出たというので、

 こちらはどうでしょうか?と

 今日は桜桜の花探しの「ひぃ散歩」。


 3月初めに行った朝日山へ再びジョギング

 あちこちに、ぼんぼりが設置され花見の雰囲気が漂ってます。
 

 肝心の桜は、
 チラホラ咲き始めってとこでしょうか?

 でもでも、ホラホラ
 「おかーしゃん、花より団子ですわ」

 団子は桜が咲くまでお預けです!

 山を下りて下界(笑)へ向かう途中で発見。

 「酒のみ地蔵」って・・・・びっくり

 文字が消えかけてよくわからなかったので、帰ってから調べてみたら

 むかしむかし、願うとなんでも叶えてくれるという、とてもありがたいお地蔵さんがおったそうな。
 村人が、行事で使う物品が足りないとき、借りたい物をこのお地蔵さんにお願いすると、翌朝には揃って置いてあったとさ。
 人々はこのお地蔵さんを大変ありがたがって、借りたものを返す時に、お礼としてお酒を供えていたとさ。
 ある日、お酒を供えた男が様子を見に行くと、なんとお地蔵さんの頬にほんのり紅色がさしていたんだと。それからこのお地蔵様を「酒のみ地蔵」と呼ぶようになったとさ。

 なるほど・・・
 酒飲みに御利益があるわけじゃないのね。汗
 お地蔵様、お酒はほどほどに・・・(笑)

 車も人も来ない場所だったので、リードを離して好きにさせていたら、
 下りた階段を突然駆け上がるひな。

 追いかけても当然追いつかないので、
 「待て!」と叫ぶと止まってくれました。

 止まった場所には、ブリをデザインしたマンホールの蓋。
 と、何とも出来過ぎなストーリーでした(笑)

 桜の開花が楽しみ。団子も花見酒もニコニこ

 そして、意味もなく「変顔のひな」

またまた、ひぃ散歩

  • 2014.03.28 Friday
  • 21:42
 一気に春めき、陽射しがまぶしい今日この頃です。

 各地から桜だよりが届きますが、こちら北陸は梅の花が満開といったところ。
 早く来い来い、桜前線!

 暖かくなったお陰で、ひぃ散歩も順調に。
 毎日2回の散歩で、(人間の歩数で)6000歩近くを歩いているひな。
 体重はベストの6.1キロとなりました。
 でも、一緒に歩いている私の体重はほとんど変化が無いのは何故?(笑)

 今日はこちらへひぃ散歩。


 藤子不二雄Ⓐさんの生家です。

 藤子不二雄Ⓐさんのお父様がこのお寺の第49代住職で、藤子さんも小学5年生まで、このお寺に住まわれていたそうです。
 境内には忍者ハットリくんたちの石像が並んでます。

 そのお寺近くの商店街には、藤子不二雄Ⓐさんが、富山湾の魚を擬人化した「氷見のサカナ紳士録」のモニュメントが

 左がイカの「イカゾウ」で右がシマ鯛の「シマシマ博士」と言います。
 この他にも、「アンボス」、「エイチョウ」、「カニ丸」、「タコ八」、「トビー」があるんですよ。
 全部、ベタなネーミングですけど、結構可愛いです。

 ついでに・・・
 先週里帰りしていたお姉ちゃんのお友達にいただいたじゃれ犬のパグ。
 他の犬種もあるようですが、やっぱりパグが一番可愛い!
 そして、ひなに似ている・・・・・


ひい散歩

  • 2014.03.12 Wednesday
  • 21:44
 昨日の夜は「ホタルイカとワカメとセリのしゃぶしゃぶ〜」でした!

 毎年この時期に始まるホタルイカ漁は、「春を呼ぶ漁」と言われています。
 
 その効果がありましたか!
 今日は一気に春めき、春一番も吹いたそうです。

 春らしい陽気に誘われて、ひい散歩。

 今日は朝日山へ。
 山と言っても、標高40メートルそこそこ。
 小高い丘みたいなもんで、山一帯が公園になっています。

 階段あり、苔むした坂あり、なかなか起伏に富んだコースです。

 順調に歩いていたひいさん、途中でブレーキ!

 ここから先へは行きたくないと拒否。 
 よくあるんです、こういう事。
 何が怖いんだかよくわからないけど、四足ブレーキ。
 抱っこして何とか通過、

 観音像あり、郷土の偉人と呼ばれる斎藤弥九郎さんの像もあり。
 
 展望台からは市内を一望できます。

 桜の名所ですよ。

 山の中腹には、「誉一山荘」というレストラン。
 
 地元の食材を使ったフレンチがいただけます。

 ぐるっと一巡りして、1,828歩。
 公園まで車で来たから、少ない歩数でした。
 今度は家から歩こうかな。

 以上、今日の「ひい散歩」でした。

 「ひい散歩」←「ちい散歩」を真似てみたんだけど、わかってもらえたかな?(笑)
 地井武男さん、味のある素敵な俳優さんだったのになぁ・・・・・・

雪が積もった!

  • 2014.03.11 Tuesday
  • 13:00
 北陸なんで・・・・
 雪は珍しくもないのですが・・・・
 今季初の、雪らしい雪が降って、ちょっとだけ積もりました。
 もちろん、交通にも日常生活にも支障なしです。
 雪がやんで、今日は青空、さぁ久しぶりのお散歩だよ!

 青空がまぶしいっ! 寒いので、歩くのを一瞬躊躇したひな。

 

 雪がおいしいのでペロッと食べたら、 元気が出た?う〜ん。

 朝は氷点下まで下がってとても寒い朝でしたが、とても気持ちのいいお散歩でした。


 そして、今日は忘れちゃいけない3月11日。
 もう3年ですね。

 我が家の住まい付近は、海抜1.5メートル。

 いつもハゼ釣りを楽しんでるこの川も、大津波が来れば間違いなく呑み込まれます。

 さらに、お隣の県の原発からは30キロ圏内のわが町。

 雪に対する備えから比べると、ほとんどできていない、我が家の地震や津波に対する備え。
 3月11日が来るたびに、改めて色々考えてしまいます。
 ありきたりな言葉しか出てこないけど、
 被災地の一日も早い、「真の復興」を願って止みません。

ゴン太四十九日

  • 2014.03.10 Monday
  • 11:30
 3月7日はゴン太の四十九日でした。
 四十九日だからと言って、特別なことをしたわけではないのですが、一つの区切りとなる日でしたので、お世話になった方やお見舞いの言葉をいただいた方々に御礼のお手紙やメールを差しあげました。
 ずっとそばに置いてあったお骨も、お彼岸を過ぎたら暖かい日を選んで、お墓へ納骨しようと思います。

  仲良しだった羅沙が待ってるよ〜

  らん丸もテンテンもいるよ!


 思えば、このブログを始めたきっかけは、ゴン太でした。始めたのは2004年の秋のこと。
 当時は「ブログ」なんて洒落たものじゃなくて「レンタル日記」というものが主流でした。もちろん写真も載せられない、文章だけの日記。もちろんコメント欄もなし。
 お散歩仲間さんで、「レンタル日記を書いてるよ」って方がおられて、色々と指導していただき『ゴン太日記』なるものができました。
 今、その頃の日記を少しずつこちらに移行しているのですが、読んでいるだけで恥ずかしいものが多々在り、汗、非公開にしちゃったものもあります。

  その頃のゴン太。

  8才になってたけど、

  まだまだ血気盛んなころ。

  ラブラドールの兄弟2頭を相手のケンカ

  肝つぶしたワ!
 

 『ゴン太』日記は、主にゴン太目線で書いていましたので、ゴン太があれこれ感想を述べていました。
 だから、文章は関西弁。そう、ゴン太は関西人キャラでした。
 
 それから、ブログというものが登場し、
 世間に(かなり狭い世間ですが)ゴン太の存在が知れ渡り、
 ひなも我が家の一員になり、
 コメントをいただいたり返したりしているうちに、オフ会だのなんだのって遊び始め、
 今では宴会仲間と化し、切っても切れない、親戚以上のおつきあいをしてくださるお友達もできました。
 そんな仲良しパグ友さん(ベン家さんすみれ家さん)と2005年の秋、初めての合宿に行った先で。

 晩年のゴン太からは想像もできないくらい大胆なことをしでかしました。
 私たちが写真撮影やおしゃべりに夢中になっている時に、ゴン太が公園のアスレチック用の絶壁をスタコラサッサと登り始めました。30度〜40度位の傾斜です。人間はぶら下がっているロープにつかまって登るのだと思われます。
 「そこに山があるから登るんや」と言いたげに・・・
 これまた、肝をつぶした大事件でした。
 


 
 でも、楽しい思い出をいっぱい作ってくれたゴン太には感謝感謝。

 家族で行った高山のわんパラは楽しかったね。
 元気なときに、たくさん旅もできて良かった!
 

 ゴン太、おおきにやで〜

 しかし、しかし、ゴン太の四十九日を境に降り続く雪。
 どうなってますの?
 大した積雪量じゃないし、雪はすぐ溶けてしまいますが、春はそこまでと思いたいのにこの雪、めげるわ〜〜。
 今日はちょっとだけ雪かきもしましたけど・・・・


 

黒パグ白パグ

  • 2014.03.01 Saturday
  • 11:59
 童謡詩人のまど・みちおさんが亡くなられました。
 104歳だったそうです。
 お名前は知らなくても歌を聞くと「ああ知ってる!」
っていう歌をたくさん作られた方でした。

 「ぞうさんぞうさん おはなが長いのね」とか
 「一ねんせいになったら 一ねんせいになったら ともだち100人できるかな」とか
 「ポケットのなかにはビスケットがひとつ ポケットをたたくとビスケットはふたつ」
などなど。
 
 そしてこんな歌も・・・
 

  

  
  おんぷ黒パグさんからお手紙ついた


  おんぷ白パグさんたら読まずに食べた

   しかたがないのでお手紙書いた

   さっきの手紙のご用事なぁに?



あれ、違ったかしら?(笑)




 本当の歌は、もちろんパグさんではなくやぎさんです。
 でも黒パグと白パグがいる我が家では、「黒パグさんから・・・♪」が愛唱歌でした。


 まど・みちおさん、お許しください。ごめんなさい 

 東京新聞WEBの記事によると、
 2009年、まど・みちおさんが百歳を迎え詩集『のぼりくだりの…』を出版されましたが、その時に取材された記者さんがこう書かれていました。

 「樹齢千年の巨木のような存在感に圧倒された。耳が遠く、認知症も進んだまどさんとのやりとりは、はた目にはかなりとんちんかんだったかもしれない。だが、その言葉はどれも私の想像をはるかに超え、ものごとの神髄を突いていた。」と。

 その言葉の一つ
 「世の中に生きるものはすべて、たったひとつの存在です。そのものが、そのものであるということ。それだけで、ありがたく、うれしく、尊いことです」

 2014年弥生3月
 もうすぐゴン太の満中陰(四十九日)を迎えます。

2005年9月 ゴン太9歳
 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM