2度目の痙攣

  • 2017.04.15 Saturday
  • 23:30
 前回の痙攣から5日目、また夜中に痙攣が。
 やはり手足を突っ張って苦しそうな表情。
 それでも、体を撫でてあげることしかできないもどかしさ。
 しばらくして落ち着いたのが、寝てしまった。痙攣の時に傷ついたのか、口から少量の出血あり。
 どう見ても心臓の発作ではなく、てんかん性の発作にみえた。
 メラノーマが脳に転移したのかもと勝手に悪い方向ばかり向いている自分がいる。
 病気の事がわかってから、何でもネットで調べたくなるけど、良くないことしか出てこないよ
 目の前の現実をしっかり受け止める事が大事です!

お花見と夜中の痙攣

  • 2017.04.10 Monday
  • 19:23
 今日は天気も良く、桜の花も見頃となったので、ひなのお散歩は桜のきれいな湊川周辺へ。

 体調が悪いからか、ここんとこ歩くのを嫌がることが多くなりました。
 でも、この日は春風に誘われて、いつもより元気に歩いてくれました。
IMG_1203.jpg
 と言っても相変わらず橋を渡るのは苦手なひなしゃん。
 抱っこして橋を渡るのは、ちょっと恥ずかしいよ〜

 こうして散歩をしていても、ひなの病気のことが頭から離れることがないのです。
 来年の桜はひなと来られないのかなとか、ついネガティブな気持ちになってしまう。

 いかん、いかん、ひなは今日も元気だ! 私も元気出せよ!

 
 その日の夜、発作というか全身が痙攣。
 時々おこる心臓の不整脈にしては、痙攣している時間が長い。
 いつもの不整脈では、パタンと倒れるけど何秒かですぐ復活する。
 でも今日の痙攣は長い、このまま呼吸が止まってしまうかと焦った。
 痙攣は5分くらい続いて治まった。
 治まると普段と何ら変わりがない。
 呼吸も穏やか、一過性のものか?
 かなりびっくりしたけど、大事に至らなくて良かった。
お花見がハードだったかな?

 これから、こんな風に色々な体の変化に対応していかなきゃいけないんだろうな。

メラノーマだった

  • 2017.04.08 Saturday
  • 20:00
 再診の日。
 その他の体全体のチェックは異常なし。
 ご飯もちゃんと食べているので問題はなし。

 メラノーマかどうかは組織を切り取って調べしかないと言われていたけれど、きちんと病名がわからないと家族も判断のしようがないと伝える。
 この子なら注射器で組織を取れるかもしれないと検査をしてくださった。

 「よし、噛まれる覚悟をしてやってみるわ」この先生はいつもこんな感じで思わず笑ってしまった。
 ただ、結果はやはりメラノーマで最悪の結果だった。
 「今年いっぱい持てばいいかな?」
 先生はかなり多めの予想をしてくださったような気がした。
 それは私への思いやり?夏を越せるかな?

 偉そうなことを言うけれど、治らない病気だという絶望感より、これからが大変だ、覚悟を決めなきゃという責任感の方が大きかったよー
  
 だけど、帰りの車のBGMが、「君がおしえてくれたもの」になった時、泣けてきた。
なんでこんな時に、この曲がかかるねん!
 食欲もあるし、大丈夫だひなしゃん!

「絶望の隣は希望です」と、かの、やなせたかしさんも言うておられるではないか。
希望を持って、一緒にがんばろう!ひなしゃん(o^^o)

明日は再診日

  • 2017.04.07 Friday
  • 20:20
 一週間様子を見て、今後の対処を決めることになっていました。
 その一週間はあっという間に過ぎてしまった。
 明日は再診日。
 手術するかどうかは家族の判断と言われたが、何の結論も出やしません。
 その前に本当にメラノーマかどうかもはっきりしていないし。

 父ちゃんと話し合った結果、ひながどれだけ長く生きるかではなく、どれだけ楽しく生きられるか、量ではなく質を選ぼうと決めました。
 ただ、お兄ちゃんは何とか手術をできないのか、なんか他の方法はないのかと言う。
 若者らしい、前向きに攻めたいと言う気持ちもわかる。それも大切な意見として先生に伝えよう。

 顔の腫れはこの一週間でまた大きくなっていた。やっぱりメラノーマなのかな?

すみれちゃんが来てくれた!

  • 2017.04.04 Tuesday
  • 13:37
 パグ友さん、すみれちゃんご一家と宴会。
 ゴン父が、すみれちゃんご一家を春の宴会にお誘いしようと言う。

 すみれちゃんご一家には、まだひなの事を話していない。
 家族だけしか知らない話。名古屋に住む娘にも話していない。
 話してないと言うより話せない?
 まだメラノーマと決まった訳じゃないし。
 きちんとわかってから、話す方がいいような・・・

 それでも、いつも仲良くしているお友達にはきちんとお話をした方がいいかもしれない。
 余計な心配かけてしまうかもしれないけど・・・

 そんなこんながありましたが、「春の宴会」を楽しみましょう!
 写真を取り損ねたけど、今日のゴチは「ホタルイカのしゃぶしゃぶ」だい。

 ひなの事をちゃんとお話した。
 コロ助さんたち、とてもびっくりされていたけど、ひながことのほか元気だったので、少し安心されたかな?
 同級生のすみれちゃんも、色々と体の不都合がでてくるようになったとか、シニアパグさんになると病気でも何でも「加齢によるもの」って診断されちゃうね。何もしなくても年はとるんだから、防ぎようがない。
 パグも人も。
 「北陸パグズ」加齢に負けるな〜(笑)

 

突然のことで・・・

  • 2017.04.03 Monday
  • 09:52
書きたいときだけ書いて、あとはずっと放置していたこのブログを、書き始めた訳は・・・

 実は、ひなに病気が見つかりました。
 それもおそらく深刻な病であると。

 ひなの首にしこりがあることに気付いたのは先週の土曜日(4/1)のこと。
 嫌な予感がしてすぐ病院へ。
 待ち時間にスマホで「犬、首、しこり」とかで検索してみると、どうも口のなかの炎症でリンパが腫れることがあるらしい。歯周病とかが原因とか云々。
 そう言えば最近、ちょっと口臭がするかな・・・

 順番が来て診察を受けると先生も歯周病かな?と。
 歯周病も恐い病気なので心配ですが、口の中を診察した先生が深刻な表情で、
 「口の中に腫瘍がある」と・・・
 詳しいことは組織検査しなくてはわからないが、おそらく「メラノーマ」ではないかと
 「メラノーマ」・・・
 進行が早く、治癒困難な病気である。
 羅沙もメラノーマが足にできたけど、手術ができました。
 でも口腔メラノーマは、かなり進行が早く、肺へも転移しやすいとのこと。
 手術で完全に取り去るには、下顎までの切除が必要。
 先生の言葉は優しかったけど、内容はかなり厳しいことがわかりました。

 ひなは加齢による心肥大で年に何回か倒れたりする。その心臓は2年前と比べると少し大きくなって肺に水が溜まりかけている状態。この状態では手術にかなりリスクが伴う。しかもパグは麻酔の危険度が大。

 もし手術を受けないと、当然腫瘍が大きくなり、ご飯を食べるのも困難になる場合がある。
 患部からの出血によって命を落とすこともある。肺へ転移すると呼吸困難になる。
 わずかな希望ですが、メラノーマでない可能性もある。
 医師としてもどちらの方法がいいのかは言えない、家族でご相談してください。
 1週間、抗生剤で様子を見て、今後の治療方針を考えましょうと。

 あまりにも突然のことで、どうしていいのか全く判断がつかない。
 何でもっと早く気づいてやれなかったんだろう?
 羅沙の時はとても小さい段階で見つかったのに・・・
 「ある日突然大きくなってわかることが多いから、口の中は毎日刺激を受けるので大きくなりやすいから」と先生は慰めてくれたけど。

 とにかく、ひなにとって一番いい方法は何なのか、それは私たち家族が選択して決めて、これからの事を私たちが引き受けていかなくてはならないことは確かです。
 難しい選択をしなくてはなりません。
 ブログに書いてもどうにもならないんですが、記録を留めておこうかと、再び書き始めてみました。

 でも、今のところ普段と変わらず、ご飯もしっかり食べて元気なひなしゃんなので、気持ちをしっかり持っていこうと思います。

食とパグの旅ー安曇野へ 4(終)

  • 2015.04.08 Wednesday
  • 16:50
 

 大宴会の翌日にも関わらず、皆、元気に安曇野観光に出発!
 目指すは、「ジャンセン美術館」ですが、目的は美術館ではなく、敷地内にあるカフェです。
 ここでランチの予定です。
 
 美術館へ向かう途中で面白そうな所があったので、立ち寄ってみました!
 「北アルプス牧場の直売店」でした。
 はい、記念撮影。
 みんなおりこうさん!♡




 A君、何年か前まではパグに引っ張られてたのに・・・
 立派な「パグ使い人」になりました!
 当然、名物の「牧場ソフト」に手が出るところですが、朝ご飯を食べてからまだ1時間ほどしかたっていないのです。
 目的地のカフェで昼食の予定。
 ここでソフトクリーム食べることは諦めました。
次回のお楽しみです。



 牧場から程なくして美術館のカフェに到着。
 美術館内はもちろんペットNGなんですが、隣接のカフェのテラスはOKです。
 しかもここは、おいしいお蕎麦も食べられる「「そばカフェ」なんです!

 ここでランチなんですが・・・・

 みなさん、思い出してみましょう。(笑)
 遅めの朝食をたっぷり食べました!
 大好きなソフトクリームも食べられないほどお腹もふくれています。
 「さすがに食べられないわ・・・・」
 「飲み物だけでもいいかな?」
 とか言いながらとりあえず着席。

 と、ここで、唯一ここのお蕎麦にかけていたゴン父が、「もり蕎麦とドライカレー」と注文。
 「え〜っ」という驚きの言葉と共に信じられない言葉が。
 「じゃあ同じ物を」。
 結局、大人6名で蕎麦4つ(たまたまこの日はお蕎麦が4人分しかなかったので・・・・)とドライカレー3つ。そして「安曇野おむすび」。A君がぶどうジュースとバナナケーキだっけ?
 
 お腹いっぱいって言うたよね。
 コーヒーだけでいいって言うたよね。
 しかもお蕎麦を回してくれないって夫婦でもめてたよね(笑)

 蕎麦カフェのお姉さんにワンコ用の手作りオヤツをもらうパグさんたち。

 あなたたちもご飯は食べたはずですが・・・・・
 みんなどんな胃袋をしてるんだ〜

 さて、食後はすぐ近くにある「天蚕センター」というところへ、蚕に関する資料や作品が色々とありました。
 その中でゴン父が面白いものを見つけたようです。

 蚕の成虫をこの中に入れておくと篭の回りに卵を産みつけるんだそうです。
 その卵からまた蚕を育てていくとか・・・
 その篭をゴン父は自分のお土産に買いました。
 何に使うんだろ〜
 間違ってもこんな使い方をしてはいけません!

↑ 虚無僧ひなしゃん?(笑)

 次は、そばカフェのお姉さんおすすめのスポット「ちひろ美術館」の広場へ。
 道中は蕎麦街道らしく右にも左にもお蕎麦屋さん!
 さすがに誰も立ち寄ろうとは言いませんでしたが、かなり心のこり。
 次回のお楽しみに残しておきます。

 いわさきちひろさんの原画などが展示されている館内はワンコNGですので、美術館のお庭で遊びました。
 数字が書かれた石のオブジェが立ち並ぶ芝生。
 周りはアルプスの山々、きれい・・・

 コロ助さんが「パグ見つけた!」と大きな声で叫ぶので何ごとかと思ったら、ありました「89」と書かれた岩が!もちろん、ここで記念撮影です。

 そろそろいい時間になってきましたので帰路につきますが、お土産を買っていないことに気づき、白馬のとあるお店に寄ることに・・・

 って、一見何の変哲もないお店ですが、
 信州の名産を色々と売っているお店で他のお店と変わりはないようですが・・・
 いるんです!パグが!

 店長さんに「ダン君は元気ですか?」と尋ねると「あっいますよ!」って呼んできてくださいました。
 ダン君と会うのも5〜6年ぶり。元気で良かったねとまたまた記念撮影。

 帰ってきてからお店の栞をみて、驚きました。
 ダン君、ただのお店のマスコットパグじゃなくて店長さんだった!

 失礼いたしました(笑)。

 名残惜しいのですが、ここで一応解散。
 各々楽しい思い出を胸に家に帰りました。

 ホントに久しぶりの旅で、しかもパグとパグ友さん達とご一緒できて、楽しい楽しい二日間でした。
 こんな楽しい思いをさせてもらえるのは、ひなや、この世にはいないけどゴン太、羅沙のお陰、
 そしてお家で留守番とお仕事をしてくれてた家族にも感謝を忘れてはいけませぬなぁ・・・と思うゴン母は、もう次の旅が楽しみで仕方ないんですけど・・・で、次回はいつ?(笑) 
 まとまりのないまま、強引に【完】です。
 すみません。

食とパグの旅ー安曇野へ 3

  • 2015.04.06 Monday
  • 14:34

 さぁ!今宵はとても楽しみにしていた大宴会です!

 ホテル到着後は各家お部屋にてしばしの休憩のはずが、それぞれのお部屋が気になり、お部屋訪問。
 同じような間取りかと思いきや少しずつ違っていて、ほ〜!へ〜!の連発。
 そんな中、落ち着けないのがウチのひなしゃん、「おかあしゃん、私の寝る所がないよ」と、私が動くたびに後ろから着いてきて困ったしゃん。お家では「人(パグも)をダメにするソファ」がお気に入りだけどさすがにここまでは持って来られなかった!
 これでがまんしておくれ!

 お部屋の座布団を3枚重ねて自前の毛布を乗せたらやっと寝床だと認識してくれました。やれやれ・・・・

 夕飯までに各々お風呂(温泉!)に入ったり、お茶したりとゆったりと過ごし、万全の体調で宴会場へ!
 宴会場は、すみれちゃんのお部屋で・・・

 ここから先は飲めや、食えやの大宴会。おしゃべり全開。
 時々すみれちゃんの弟A君の歌(『大都会』)もありで、写真なんぞ撮っておられませんでした。
 唯一手元にあったのは、コロ助さんから送られてきたこの画像のみです汗

宴会の楽しさがわかっていただけでしょうか?

 夕飯のメニューは、ホテルのケータリングをお願いしました。「めったにない旅行なので、ちょっと贅沢をして楽をいたしましょう!」とお願いしたのですが、洗い物もしなくていいので本当にのんびりできました。
「信州贅沢焼」と「信州贅沢鍋」。どちらも信州豚と信州サーモンなど地元の食材を主材にしたお料理です。
 豚肉はとても柔らかく、地元で養殖されているサーモンがとてもおいしかったです。

   ↑  写真は「わんパラ」のHPから拝借いたしました。 
飲み物は自分の分を持ち込みということにしましたが、ほぼ全員が持ち込んだ分を完飲したとおもわれます。

 ベンちゃんとラブラブのベン父さん。

 すみちゃんとラブラブのコロダンさん。

 何かをかけないと眠れないあんちゃんはカーテンをかけられ

 ひなはやっぱり笑点風座布団ベッドで

 思い思いの夜は更けてゆきました。

眠い 眠い 眠い

 宴会の翌朝のパグさんたちの会話は多分このようなものかと(笑)


 朝の散歩はとても清々しくて気持ち良かった!

 翌朝の食事はどうせみんな起きてこないだろうと特別用意しなかったのですが、皆さんいつもより早起き(笑)。
 A君とコロダンさん、ベン父さんが買い出しに行ってくださって、夕べの鍋の残りで雑炊を作ったり、持って来たパンをかじったり、朝からパグなみの猛食!

 ご飯を食べていると必ずやってくるひなしゃんは、まだお疲れのご様子で、お隣の和室に敷いてあったお布団で眠っておりました。

 遅めの朝食後、ホテルを出発。安曇野観光を楽しんで帰路につく予定です。
 最終章へ続きます。まだまだ食べま〜す U^皿^U

食とパグの旅ー安曇野へ 2

  • 2015.04.01 Wednesday
  • 17:02
 お腹がいっぱいになって眠たくなってきた頃、安曇野の「大王わさび農場」へ到着しました。
 東京ドーム11個分、45,000坪と言われている広大なわさび田。
 この敷地内を(建物以外は)ワンコが自由に散歩できます。
 しかも入園無料って素晴らしい!(笑)
 
 駐車場から入り口に向かおうとしたとき、声をかけられました。
 「パグちゃん!」
 ひなをなでなでしながらパグのお話を色々と。
 ずいぶんパグにお詳しいと思ったら、以前パグを飼っていらしゃったそうで、とても親しみが湧きました。
  
 広大な園内をのんびりお散歩の予定でしたが、午後から気温が急上昇。
 暑さに弱いパグさんたちには、ちょっときつかったようで、足早な観光になってしまいました。

 巨大わさびの石像にて。

 怪しげな人間が多いのですが(笑)、帽子、サングラス等を離せないほどの陽射しでした。
 マスクは花粉症対策です。
 
  わさびカレーって? 
気になるぅ・・・
  

 
 クールバンダナを持って行ってよかったね、ひなしゃん。


 暑い日にはソフトクリームが1番!
 このメンバー女子と子どもは大のソフト好きでもありまして、今回は何回ソフトを食べられるかを楽しみにしています。なのに写真を撮ってないわ〜〜不覚(笑)
 パグたちを日陰に移してソフトクリームを食べていると、またもや声をかけられました。
 「あら〜ウチにもパグがいるのよ」って・・・・
 意外と多いパグ飼いさん。
 ふと横を見ると若〜い今どき風のお兄さんがやはりソフトを食べながらニヤニヤしてベンちゃんを眺めておりました。ベンちゃんは吠えることもなくおとなしくカートに乗ったまま、まったり。
 パグさんたちは、どこへ行っても人気者ですU^皿^U

 わさび農場を出発する時、車の温度計を見てびっくり!
 26℃になっていました。
 そりゃ暑いはずです。

 カーエアコンをフル回転させながらお宿へ向かいます。
 本日のお宿は「安曇野わんわんパラダイス」です。
 これまた広大な敷地の中に人間専用ホテルがあり、コテージがその回りに点在していました。
 わんこが泊まれるコテージが9棟あるそーです。

 3部屋連結していますが、造りがしっかりしていてお隣の部屋の声などは全く聞こえません。
 玄関を入ると左手にお風呂。
 2階がキッチンとリビングと和室。
 3階がベッドルームとなっていました。
 お風呂には温泉が引いてありいつでも温泉が楽しめます。
 贅沢すぎるお部屋で一同感激!!

 さぁ、今宵はここで大宴会でございます。
 時間制限なしの宴会はどうだったの?
 夕食のメニューは?
 色々と気になるところではございますが(笑)、続きは次回で・・・

食とパグの旅ー安曇野へ 1

  • 2015.03.30 Monday
  • 15:51

 北陸の仲良しパグ友さんご一家(ベン家さんすみれ家さん)と信州・安曇野へ旅に出ました!
 このメンバーでの旅行は、実に3年半ぶりです。
 久しぶりの旅に一同浮かれっぱなし、喋りっぱなし、食べっぱなしのお話を。
 もちろんパグのお話も・・・・

 北陸の各家を出発して、「道の駅小谷」で全員集合したのは11時頃でした。
 昼食を予定しているお店が少し遅めに来て下さいとのことで、付近を散策しながら時間つぶしです。

 10年前に閉校になったとゆう小学校の記念碑前で・・・

 当時の在校生たちの足形を組み込んだ石碑が可愛かったです。
 「10年前だと、この子たちは今ごろ二十歳になっているのだ!」という事実に、一同「ほぉ〜〜」。
 10年前って、ついこの間みたいな気がするんですけどね。

 道の駅から30分程で、白馬にある犬OKのレストラン「キッチンシェフ」さんに到着。
 今日は、ここでランチです。

 大人6人、小学3年生1人で頼んだお料理が、ピザ4枚、パスタ2皿、カレー1皿、サラダ、飲み物など。
 これらをすべて完食。

 但しピザは普通のお店より大きめ、そしてカレーはご飯をお代わりした一同。
 お店のオーナーさんに、「みんなよく食べるんやねぇ・・・」と言われる始末。
 だって、おいしいんだもの!楽しいんだもの!!
 
 急にバイトの女の子が来られなくなって、てんてこ舞いだったオーナーさんも、他のお客さんが帰られてからはお暇になったようで、パグさんたちのお相手をしてくださいました。
 
 オーナーさんいわく、「パグっておもしろいよね。どこかにドカンとぶつかったみたいな顔してるもん。この間お店に来たボルゾイは床で寝てたら、上からペちゃんとつぶしたみたい。敷物みたいやったよ」と。
 パグの顔の表現は色々とありますが、どこかにぶつかったって・・・・
 ボルゾイの寝姿が敷物って・・・・ウケました!
 そのままお店に居座ってしまいそうなほど、お話がはずみました。 

 5〜6年ほど前にもこのお店に来たことがありますが、その時は羅沙もゴン太も元気でいました。
 お店の看板犬HARUちゃんも代替わりしたとのことで、ここでも時の流れを感じます。
 2代目HARUちゃんは、まだ2ヶ月の子犬でした。

 ワクチン接種が終わっていないのでパグさんたちとは遊べなかったのですが、帰る間際にちょっとだけ会わせていただきました。可愛い〜〜ハート

 名残惜しいのですが、ここらでお店を後にして安曇野へ向かいます。

 今回は車3台での移動ということで役にたったのがFacebookのMessenger機能でした。
 道順や諸々の連絡を取り合うことがとても簡単にでき、道中の景色や目に付いたおもしろい標識などを互いにつぶやき、一台の車に同乗しているかのように楽しみながら安曇野までドライブができました。
 便利なものができましたわい(笑) 
 
 ああ、旅はまだ始まったばかりですが、本日はここで力尽きました(笑)
 次回へ続きます・・・

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM